お問い合わせ

マイナスイオンおよびプラスイオンが体に及ぼす効果について

マイナスイオンの効用

マイナスイオン電位
マイナスイオン電位

空気マイナスイオンは住宅環境を改善する
①自然界では地殻の放射線の力、宇宙線や紫外線等により空気がプラス電荷とマイナスの電荷に分けられ見えない水分子に付着して、イオンとして空気中に浮遊していると考えられる。
②室内の空気の中にはプラスの電荷とマイナスの電荷が混在している。
③部屋の壁にマイナスの電圧が掛っているとクーロン力により室内に浮遊しているプラスのイオンは壁のマイナス電位に引きつけられ、室内のプラスイオンが減少し、マイナスイオンが豊富な環境になる。
④室内のチリ、埃、カビ、ダニ等はプラスイオンとなっていることが多く、マイナスイオンはプラスイオンを浄化してくれる。

空気マイナスイオンの特性

特性

①空気中のイオンには、小イオン、中イオン、大イオン等粒子の大きさに分けられる。小イオンは人間の鼻や口から呼吸と一緒に体の中にとり入れられる。一部は皮膚からもとり入れられる。
②呼吸で酸素とともに吸い込まれて特に小さなマイナスイオンは体の中で発生する活性酸素を消してくれる。

活性酸素について

活性酸素

①活性酸素は細胞のミトコンドリアが糖質をとり入れエネルギーを作り出すときに2から3%の活性酸素を発生する。恒常性を逸脱する時も活性酸素は発生する(激しい運動、血液が止まってから流れ始める時、ストレス、薬の飲みすぎ等)。
②活性酸素はウイルスを殺し、細胞が増殖する時には必要であるが多すぎると60兆からなる細胞を酸化させる。
③細胞が酸化すると血液から細胞に酸素と栄養を送り、細胞から浮腫物質や炭酸ガス等を血液に戻すことがスムーズにできなくなる(イオン効果)
④細胞の外にはカルシウムとナトリウムが多く細胞の中にはカリウムが多く存在している。ナトリウムは細胞の中の浮腫物質を血液に戻し、カルシウムは血液のPHの調整をしてくれる。カリウムは血液から細胞内へと移動してイオンの平衡を保っている。(カチオン効果)

自律神経の調節

調節

自律神経には交感神経と副交感神経があり、脳とは無関係に活動している。心臓、肺、胃、腸等を私たちの意識では止めることが出来ない。
マイナスイオンは副交感神経の働きを有意にし、交感神経と副交感神経の平衡をとる。このことから免疫を上げることができる。
例えば、人が昼間、活発に活動するためには交感神経が有意に働く。一生懸命に働こうとすると副腎からアドレナリンというホルモンがでて、血管を縮めて血流を速くし、肺から酸素を大量に取り入れ動きが活発になる。この活動を休みなく続けていると病気になってしまう。しかし、人間は夜の10時ごろから朝の5時ごろまでは副交感神経が働くようになっている。すなわち、副交感神経が有意に働くと、副腎からアセチルコリンというホルモンが分泌され血管を広め、血流が緩やかになり、胃や腸の消化機能が活発になる。このことから体の疲れを取る事が出来る。

マイナスイオンが人体に及ぼす効果

効果

1. ホルモンの分泌が良くなり、新陳代謝が上がり、血糖値を下げる
2. 血圧の改善
3. 血液の凝集を抑制する。血液をサラサラにする
4. 免疫機能を上げる。NK(ナチュラルキラー細胞)、キラーT細胞の活性は癌細胞を死滅させ、ウイルスを殺す。
5. よく眠れる
6. 喘息の改善
7. アトピーの改善
8. 美容効果(肌がきれいになる)
9. 学習能力の向上
10. 風邪を引きにくくなる